若ハゲ注意報

若はげで注意することはたくさんある

ハゲといえば中年過ぎたあたりからだろうと考えるのが普通ですが、実際若ハゲに悩む方も少なくはありません。できれば悩みたくない問題ですよね。 ですが、日々忍び寄っているかもしれません。もちろん昨日までフサフサだったのに今日になっていきなりハゲになったということはないですが、何が原因でどうしたらできる限り避けていけるかをまとめてみました。

親がハゲてると注意

自分の髪がうすくなりハゲる?というのを想像すると同時に父親の頭がよぎります。父親がハゲていたらもしかしたらと不安になったり、フサフサだから大丈夫かもしれないと考えます。

ハゲの原因は様々です。食生活が原因でもあるので、家族一緒にハゲてしまう食事を続けていたら、それは遺伝でなくてもハゲてしまいます。 ですが少なからず遺伝も関係するのです。父親がハゲだから?自分も?というほどハゲと遺伝は単純ではないのです。後ほど詳しくご紹介いたしますね。

→詳しく見る

食事が偏っていると注意

1日三食しっかり食べているから大丈夫と思われる方もいらっしゃいますが、食べればいいものではないのですね。 ハゲにならないためにはいかに数多くの原因を排除するかも決め手となります。 食生活の偏りは体にとってもですが、頭皮にも影響があるのです。きちんと見直すことやバランスのとれた栄養は不可欠ではあります。

詳しく見る

間違ったお手入れは注意

頭皮に関して今まで考えたこともなければ日々のケアは自己流の方がほとんどです。頭皮ケアはほぼ毎日のように行われますがそれが間違っているのと、正しいケアをしているのを10年や20年というスパンで考えると全く別になることも考えられます。 それだけに日々のお手入れは大切であり、間違ったケアをしていれば今すぐ見直すことも必要なのですね。

詳しく見る

気にし過ぎは注意

抜け毛が多くなっていれば誰しも不安になります。ですが、過剰に気にするとかえってストレスになり、体を悪くしたりさらに抜け毛の原因にもなります。できるだけストレスは避け、どうしても不安で仕方ない場合は専門医に相談してみるのも解決の近道にもなります。

詳しく見る

自分は大丈夫という油断は注意

大丈夫だという状態の前にもしかしたらと気がつけたらそれはピンチでありチャンスでもあります。 ハゲになる要素はたくさんあり、その原因を知っておいて無駄になることはありません。 またハゲを防止する方法は数多くありますが、できるだけ早急で的確な対応が必要です。

詳しく見る

若はげ克服するためには

若はげはとても辛いものです。

気にしすぎはよくありませんが気になるのも当然ですね。

いま最も効果的な対策はAGA治療薬だけではないかと思います。育毛剤やシャンプーは気休めに過ぎないと思います。

治療薬は、病院や個人輸入代行を利用すれば手に入れることができますので、一度試してみるのもいいですね。